トイレ・お風呂の臭いでクレームになっている

悪臭のクレームが起きてしまったら・・・

photo

台所や浴室、トイレや洗面所などに水を供給し、排水を敷地外へ排出する給排水管で起こりやすいトラブルのひとつに「悪臭」があります。マンション・ビルにおいて、入居者・テナントから「臭い」というクレームが出る場合の多くは、排水管の経年劣化・性能低下によって詰まりを起こしていると考えられます。

悪臭が発生すると・・・

マンション・ビルにおける悪臭は、単なる悪臭で済むことはなく、様々な問題に発展していきます。

  • 入居者・テナントからクレームが来る
  • 入居者・テナントの印象が悪くなり、退去につながる
  • 悪評が広まって入居率が下がる
  • 損害賠償責任を負う
  • 更生工事・更新工事の費用負担が増える
  • 対応が遅れると排水管が完全に詰まってしまい、排水の逆流・水漏れといった新たなトラブルにつながる

トラブルの前の清掃が重要です

photo

排水管の内部は目に見えませんが、経年とともに確実に汚れは溜まっていきます。適切な清掃を行わずに長年そのままにしておくと、汚れや排水管自体が腐敗して悪臭が発生する原因になります。そうなる前に、ぜひ排水管清掃をご検討ください。定期的に排水管を清掃することで、排水の流量が確保され、悪臭の発生や腐敗を防ぐことができます。

悪臭対策の豆知識

悪臭の原因としては、排水管の詰まりの他に、「排水トラップが機能していない」ケースも考えられます。下水の臭いが、台所やトイレ、お風呂や洗面所を経由して生活空間へと流れてこないように設置されるのが「排水トラップ」です。これは、水が貯まる場所をつくることで臭いが上に上がってこないようにする装置。排水トラップが機能していないと、下水の臭いが上がってきてしまうわけです。

悪臭の原因が排水トラップだと考えられる場合は、シンクの下などを見て、排水管との継ぎ目から臭いが漏れていないかどうかチェックしましょう。また、市販のパイプクリーナーなどで洗浄することで臭いがなくなるケースもあるため、試してみる価値はあります。それでも改善しない場合は、プロの業者に任せたほうがいいでしょう。

確実に悪臭を防止するためには、プロの点検が欠かせません。定期的に点検を受けていれば、給排水管工事・給排水衛生設備の最適な工事時期を知ることができ、トラブルを未然に防げます。

※悪臭については、原因調査が多岐に渡る事が有りますので、場合に依って調査から費用が発生する可能性があります。ご了承くださいませ。

ユウマだからできるご提案 ユウマの特徴

今、お困りの方へ

水漏れでお困りの方へ

臭いでお困りの方へ

老朽化が気になる方へ

ユウマのピックアップ事例

お客様に合わせたご提案

ユウマの使用機材について

よくあるトラブル

いい業者選びのポイント

Menu

  • お客様の声
  • 実績一覧
  • サービス紹介
  • よくあるご質問