給排水配管工事よくあるトラブル

こんなトラブルはありませんか?

photo

入居者・テナントから水回りのクレームが出ていませんか?マンション・ビルの水回りでは、特に「給水管の水漏れ」「赤水の発生」「排水管の詰まり」などのトラブルが起こりがちです。これらのトラブルは入居者・テナントの満足度を著しく下げる要因になりますので、定期的な点検・工事によって予防に努めることが大切です。すでにトラブルが起きてしまっている場合は、早急に給排水管工事(更生工事・更新工事)・給排水衛生設備工事を手配しましょう。

よくあるトラブル01 給水管の水漏れ

給水管は常に水圧がかかっているため、少しひびが入っただけでも水が噴き出てきます。しかし、多くの給水管は壁内や地面に埋まっているため、目に見える異変が現れるまで時間がかかるケースも少なくありません。壁や天井の水染みで気付く場合もありますが、水道料金が上がることで明らかになることもあります。

水漏れは自然に止まることはなく、放置すればするほどひどくなっていきます。また、漏れている分だけ水道料金も跳ね上がってしまいますので、異変に気付いたらできるだけ早く給水管の更生工事・更新工事を手配するようにしましょう。

よくあるトラブル02 赤水の発生

赤水とは、文字どおり水道水が赤くなる現象。現在は内面ライニングコート管(管内面をライニングでコーティングした管)なのであまり起こりませんが、その他の金属管を使用している場合は、発生することが有ります。原因は給水管内に生じた赤錆です。給水管の接続部分のネジが錆びたり、鉄管を使用している場合は管そのものが錆びたりすることで起こります。

給水管内部に錆びが生じると、赤錆が溶け出した水が蛇口から出てきますが、はじめは色が目立たないためなかなか気付きません。気付きやすいのは、長時間水を使っていなかったときや朝いちばんで蛇口をひねったときです。なお、一部の蛇口から赤水が出る場合もあれば、広範囲にわたって赤水が出ることもあります。

赤水は人の健康に重大な影響を及ぼすことがあるため、入居者・テナントの水の使用を制限することになります。異常に気付いたら、すぐに給水管の更生工事・更新工事を手配するようにしましょう。

よくあるトラブル03 排水管の詰まり

排水管から水が流れなくなる(流れにくくなる)原因の多くは、排水管の詰まりです。台所や浴室などは毎日使うため、経年によって排水管に汚れが蓄積していきます。慢性的に水が流れにくい場合は、排水管の更生工事・更新工事が必要になります。そのまま放置しておくと、漏水事故につながるおそれもあるため、できるだけ早めに業者を手配しましょう。

なお、排水管の詰まりを防ぐため、入居者・テナントに呼びかけて排水口に網などを被せてもらうケースもあるようです。汚れの蓄積を遅らせる効果がありますので、ぜひ実践してみてください。

よくあるトラブル04 給水ポンプの異音

常に水に触れている給水ポンプは、錆びなどが発生して傷みやすい設備です。給水ポンプから異音が生じるのは、劣化が進んでいる証拠。劣化が広範囲に及ぶ前に適切な工事を行うようにしましょう。多くの場合、オーバーホール(部品交換)で対応できますが、かなり劣化が進んでいる場合は給水ポンプの交換が必要になります。

よくあるトラブル05 水の出が悪い

水の出が悪くなったり、水圧が弱くなったりする原因としては、給水管内に生じた錆びや給水ポンプの機能低下が挙げられます。入居者・テナントの不満につながるだけでなく、漏水などの重大なトラブルを併発するおそれもありますので、早めの対処を心がけましょう。原因を明らかにしたうえで、更生工事、更新工事、オーバーホールなど適切な工事を行うことになります。

今、お困りの方へ

水漏れでお困りの方へ

臭いでお困りの方へ

老朽化が気になる方へ

ユウマのピックアップ事例

お客様に合わせたご提案

ユウマの使用機材について

よくあるトラブル

いい業者選びのポイント

Menu

  • お客様の声
  • 実績一覧
  • サービス紹介
  • よくあるご質問